インデックス投資は失敗しないための投資

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




投資に失敗はつきものです。

個別銘柄の投資と違い、インデックス投資は

その失敗する可能性を限りなく低くしてくれます。

手間いらず

インデックスのメリットはなんといってもこれ。

一度ファンドを決めると後は何もしなくて

いい。

個別銘柄なら買い時や売り時を毎日チャックするでしょう。

しかし、インデックス投資なら気がむいた時に

確認するだけなので、ザラ場の動きが気になり

仕事に影響がでることもない。

暴落対策

東京電力や東芝、日本航空といった大企業でも

事故などがあれば一気に傾いてしまう時代です。

インデックス投資は個別に投資するのでななく、

全体に投資するので短期間に傾くことがありません。

サブプライム、リーマンショック、東日本大震災

ギリシャショックにチャイナショック。

この10年の間に様々なことがありその度に

市場は下落し、持ち直してきました。

ほぼ何もしないのがインデックス投資ですから

暴落しても持ち続けていれば投資資金は回復したんです。

ドルコスト平均法

積み立て投資するやり方です。

高い時には少なく、

安い時には多く買える

毎月積み立てて買っていくことで

その期間の平均単価取得できるから

不利でも有利でもない状態で投資できます。

リスクを平均に近づけるのはメリットです。

積み立てをせず一気に資金を投入すれば増えるのも早ければ

減るのも早い。

そんな一攫千金みたいなやり方は続きません。

一度うまくいくと二度、三度と同じことをやるのが

人間です。

危ないやり方で勝負しなくても、

相場は何度もチャンスを与えてくれます。

生き残ってるかぎり

投資信託との違い

一般的な投資信託は購入時手数料が

3%ほどかかります。

買うだけで3%のマイナスからスタート

だからそれだけ不利です。

それに比べインデックスファンドを比べてみましょう。

手数料無料『ノーロード』のファンドもあります。

それに手数料がかかったとしても3%もかかるわけがなく

格安です。

手数料はほかにも信託財産保留額や、

運用管理費『信託報酬』があります。

どれも一般的な投資信託と違い3%もかかりません。

年率で0.2%から0.6%ぐらいです。

運用管理費用『信託報酬』が少ないインデックスファンドを

選んで投資すれば手数料を気にする必要もなくなります。

まとめ

高コストな投資信託ではなくインデックスファンドを購入することで

手数料で損をしなくなります。

積み立て投資なので日々の値動きを気にすることなく

日常を過ごせます。

投資をすることで興味の幅が広がり

金融の知識がついていきます。

コツコツ積み立てられるのは

インデックスファンドだけでなく、

金融知識もです。

一気に資金を投じないから、こうにゅうしてすぐ暴落が

きても安心です。

投資資金が少ないから損失を少ないし、

少ないところで買い増せる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする