早起き のメリットを実践してわかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




早起きは人生を変える。

朝活をして実感した。

夜型の生活よりメリットだらけだ。

早起きは余裕のある生活

いつもなら寝てる時間に起きることで

できることが増える。

資格試験の勉強や、趣味にあてる時間。

読書もできるし、仕事に行く前にヨガで

体を動かすのもいい。

体の固さは頭の固さ

心と体が繋がるように

頭と体も繋がる。

柔軟な体は怪我もしにくくなるし、

疲れにくくもなる。

おまけに頭も固くなくなっていいことだらけ。

早起きして作った時間で柔軟な体も作りませんか?

時間に余裕があれば電車通勤なら1駅前で降りて歩いたり

込み合う時間帯の電車なら一本早く行くこともできる。

慌ただしい通勤時間の中、自分は余裕がある。

そんな余裕のある状態ならもっと余裕をもって

仕事に取り組める。

時間にギリギリに準備を始める同僚より、

前もって準備が終わっている人のほうが

安心感があります。

見直しができる

早起きして資格勉強をしていれば

夜に見直しができます。

朝にやったところを見直し反復することで

記憶に残りやすくなり勉強の効率も

上がります。

勉強しても忘れることもある。

そこで反復して頭に叩き込む。

何度も何度も繰り返すことで頭に入る。

苦労して覚えたことはなかなか忘れない。

長期記憶ともいう。

この長期記憶に定着させるのに早起きはもってこい

朝やったことを夜に見直す。

そうやってどんどん頭に入れていく。

嫌なことをずっと覚えているのも頭の中で

何度もそのシーンを再現し反復しているから。

そんな雑念を考えることをやめ、

覚えたいことばかり反復させていけば

人生も変わる。

考えることを変えれば行動が変わる。

行動が変われば人生が変わる。

まず思考ありき。

与えられた時間

大人も子供も。

男も女も。

時間は誰にでも平等に与えられる。

そして早起きはまだ誰もスタートさせてない

時間から行動するわけだから人より有利。

早起きするようになれば早朝の素晴らしさに気付く。

早朝の静かな時間は、勉強や読書に最適。

誰にも邪魔されない。

早朝から電話してくる人なんて

ほとんどいない。

誰にも邪魔されない時間で

毎日30分だけでも取り組めば

一か月で900分の時間を作れる。

900分=15時間。

早起きして作った30分も

一か月もすれば15時間にもなる。

それが積み重ねていけばどれだけの

量をこなせるだろう。

技術の習得には時間がかかる

一週間に数時間だけ取り組むよりも

コツコツ毎日積み重ねていくほうがいい。

習慣になればそれを始める

エネルギーが少なくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする