日経平均株価 の予想が当たらない理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




日経平均株価の予想が当たらないのは

誰にも未来は見通せないからです。

なぜ当たらない予想がなくならないのか

これから見ていきましょう。

注目を集めるのが仕事

株の予想をしてる人達いますよね。

あれは注目を集めるのも仕事の一環なんです。

日経平均が一万円の時にこれから2万円になるとか

5000円を割って世界恐慌へ・・・

等々、人目をひくような大げさなことを

言います。

万が一その予想が当たればドヤ顔できるし、

注目を集めて雑誌の売り上げに繋げたり、

株式投資に興味を持ってもらうのも狙いの一つです。

ポジショントーク

自分が所属してる会社が有利になるような

ことばかり言うポジショントークもあります。

心理的には含み損を正当化するときの

言い訳みたいなものと考えてください。

とても人には語れないような内容を

自分に言い聞かせてたり、

都合の悪い意見には耳をかさなかったり。

ただのポジショントークが参考になるわけ

ありません。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる

厄介なのがこれ。

暴落、暴落、と

何回も何回も繰り返し言い続けていれば

いずれ当たります。

そしてその当たった一回を大げさに

言うんです。

私は全てわかってました。

こうなることは過去に書いてあります。

こうやって得意な顔しながら言うわけです。

今まで外してきた発言は無視するのはもちろん、

自分で言っている当たった書き込みを自分ですら

信じていません。

なぜなら自分の予想に絶対の自信を持っているのなら

その方向にポジションを作ってトレードしている

からです。

予想屋と実践家

予想屋は自分のトレード技術で稼いでいる

わけではありません。

言っていることも検討外れなことを言うし、

外れても責任とらなくていいんだから

何でも言います。

特殊な能力があるわけじゃない

予想ばかりしている人に未来を見通せる

特殊な能力なんてありません。

実践家も予想屋も使うネットが普及した

現代社会で情報源に差はありません。

したがって予想屋の話を鵜呑みにするのではなく、

一つの意見として聞き流すぐらいにとどめて

おくことにしておくべきです。

または株価予想はまったく見ないといったことでも

かまいません。

これから上がるか下がるかなんて誰にもわかりません。

誰かの予想に賭けるより自分の判断で投資していかなければ

生き残るのは難しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする