株で損して退場する3つの原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




株式投資で退場してしまう人には

3つの原因があります。

これからその3つを見ていきましょう。

信用取引

退場してしまう人の多くが

信用取引を使って

退場していきます。

信用取引とは自分の資金量より

多くの金額を取引できるやり方です。

現金100万円。

信用取引300万円。

退場していく人は信用取引の300万を

フルに使って取引します。

そしてその銘柄がストップ安などで

売りたくても売れない状態になり、

一気にマイナス150万円。

自己資金は100万円で、

マイナスは150万。

差額50万。

株で退場していく人は信用取引の

差額のマイナス50万のせいで

退場していきます。

信用取引を使わず現物だけなら損失だけで

マイナスまでにはなりません。

感情トレード

稼ぎたくて投資をするわけだから

損失は辛いもの。

一定期間をおいて冷静になってから

トレードを再開すればいいものの、

損失を取り返そうと無理な取引を繰り返す。

上記の信用取引を使って慣れないデイトレードを

頻繁に繰り返したり、

買いで駄目なら売りならどうだ?

と、空売りで勝負をしかける。

一日でも早く損失を取り返したいだけで

トレードをする根拠はめちゃくちゃだから

損失は膨らむ一方。

そして怒りに身を任せるかのように

退場への道を突き進む。

信用買で退場するなら

金額に限度があるかまだましで、

空売りは青天井だから

損失がどこまで膨らむかわからない。

買は家まで。

売は命まで。

こんな言葉もあるぐらいだから

安易な空売りがどれだけ危険か想像できると思う。

株式投資は冷静な状態で臨むもので、

感情に任せてするものではありません。

執着心

間違った銘柄に執着するのも原因の一つです。

正しい時に気が変わりやすく、

間違っている時に限って執着して

しまったりするんです。

損失が膨らんでいるということは

自分が間違っていることの証拠。

したがって手仕舞いするなり、株数を減らすなりして

戦略を変えていかなければならない。

だけど退場していく人は自分の考えを変えない。

その銘柄で損失を取り返そうとむきになり、

株数を減らすどころか

買い増してしまう。

下手なナンピン、スカンピンなんて

言われるぐらいでそんなことを

していればあっという間に退場です。

最初から買い下がることを前提に取引しているのなら

ともかく、早く楽になりたいがためのナンピン。

そんなトレードでうまくいくほど相場は甘くない。

もし下手なナンピンでうまくいってしまったら、

次も同じトレードをする。

一度うまくいったからといって二回

三回と下手なナンピンうまくいくことはない。

退場しないためにも

無理して信用取引を使ったり、

損失を取り戻そうと焦ったりしないこと。

相場は自分の見通しが間違うことを

認め、自分の考えに執着せず、現実を

受け入れる謙虚さも必要。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする