株うまくいかない2つの原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




株がうまくいかない原因を

2つにわけて紹介していく。

何事も複雑にすれば

いいってもんじゃない。

基本的知識の欠如

PERやPBRすら参考にしていない人を

見かけることがある。

初心者がやりがちなのがPERが数百を

超えているような銘柄を値動きに惚れて

売買することだ。

デイトレーダーのように値動きを狙って

取引をするのならそれでもいい。

しかし、うまいいかない人の特徴として

自分の願望だけで相場を見てしまう。

上がることしか考えていないから

逆行したときにどうするか考えていない。

値動きに惚れて割高な株を買ってるわけだから

逆行すればあれよあれよいう間に

含み損を抱えることになる。

含み損を抱えながらも自分の考えて変えたくないから

今は一時的に下がってるだけ、また上がる。

こんなにいい銘柄なんだから・・・

等々。

自分にとって都合のいい情報ばかりを集め

正当化を始める。

いくら正当化を始めたところで

間違いは間違い。

含み損は広がる一方で身動きがとれなくなる。

最初のエントリー理由は上がるから買った。

なのに下がってる。

下がってということは自分が間違っているんだと

相場は教えくれている。

それに逆らってもいいことはない。

自分の思惑とは違う動きになったとき

どうするか?

出口戦略を予め決めてからエントリー

したほうがいい。

買った理由。

売る理由。

簡単にでもノートに書くなりして

確認できるようにしたほうがいい。

人間は自分の行動を正当化したがる生き物だ。

素直に間違いを認めるためにも

売買理由を書いていたら冷静になれる。

記録に残していれば後から見た時に

なぜあんなところで買ったのか

考えるキッカケになる。

買い過ぎ

眠れなくなるほどの株式数を買ってしまい

気になってしかたがない。

取引にも慣れていないのに買い過ぎて

値段チェックばかりして不安になり

売ってしまう。

往々にして売ってしまった時はその後に上がり、

持ち続けているときは下がるもの。

まるで天邪鬼にからかわれているかの

ように動く。

相場は器量だけしか見えないものだから

余裕のなくなるような取引をしていれば

見えるものも見えなくなる。

したがって買うなら余裕資金で買うこと。

そうすれば少しの変動で慌てることも

ないし、じっくり相場に向き合っていける。

何でも上達には時間がかかるもの。

株式投資だって例外じゃない。

ただ他の技術を要するものと違い

投資は運良く儲けることがある。

その運良く儲けてしまったのを

自分の実力と勘違いしないようにしたい。

ビギナーズラックとでもいうか、

最初はうまくいき、それを自分の実力と

勘違いして下げ相場になると痛い目にあう。

上げ続ける相場はないんだから儲けたとしても

自分の実力を過信せず、しっかりと向き合っていきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする