澤上篤人の本 投資は世のため自分のため 広がる世界

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




まず短期トレードはしんどい。

得意な人もいるだろうけど、

自分の短期トレードは、運用成績も悪く

退場しそうだった。

その結果、紆余曲折を経て中長期投資に落ち着いた。

毎日画面に張り付いて値動きに一喜一憂して

日常生活にも支障をきたす始末。

これっておかしいよね。

豊かになることを目指して株式投資を始めたのに

それが原因で苦しみだすなんて・・・

そこでなんとかしなければと

投資書籍を読み漁ってきた。

長期投資としての考え方が参考になった本。

澤上ファンドの人だから投信について持ちあげてる

部分もある。

しかし、それを抜きにしても

考え方は参考になる。

持ち家や賃貸についても少しだけ記述されて

いるけどあなたはどちらがいいだろうか?

賃貸や持ち家のメリットデメリットを

秤にかけ自分の好みで選ぶ。

経済状況も考慮しなければならないしで

考えはまとまりにくい。

色々な意見を知っておくのは物事を決めるのに

役立つ。

何をするかだけじゃなく、何をしないかと

いうのも大事。

何にでも手をだせば器用貧乏になるのがおちで

結局どれもものにならなかったりする。

集中することが大事。

お先真っ暗でもう駄目だと思うのと

これからの未来は明るいと思うのでは

気持ちも違うし行動も変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば結果が変わる。

結果が変わるんだから人生も変わってくる。

変りゆく人生で何が見え

何を思うだろう?

物事を知っていくことで選択肢が増え、

可能性も広がり人生をもっと楽しめるように

なりそう。

泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生。

どうせなら笑って暮らしたいものだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする