余裕をもって株式投資

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




信用取引を使いまくったり、余裕のないお金で

勝てるほど株式投資は甘くない。

株式投資では損してもいいお金をつかうことが大事。

てっとり早く儲けようとするのは怪我のもと。

余裕のある投資とは。

それは値動きの軽い新興株を避け、

10万円以下の優待株を買うこと。

または10万円以下の高配当株を買って

保有しているのを忘れられるぐらいの

金額から投資を始めること。

5万円ぐらいの株で500円のクオカードがもらえる

優待株もある。

そういった株を一年間持ち続けてみれば投資がどういった

ものなのかといったことをわかってくる。

相場は上がり下がりの激しい時期もあるから

そんなときに経験がないとどうしていいか

わからなくて慌てることになる。

しかし、優待株や高配当株で小額から

投資を始めれば損したとしても小額ですむから

そんなに落ち込まなくていい。

命金には手をつけない。

投資する時には最悪を想定しておきたい。

損すればむきになることもある。

むきになったあげく損失を取り戻そうとすれば

余計に損失が膨らむもの。

相場は自分の期待に応えてくれる世界じゃない。

ただ損失を取り戻したいという気持ちに任せて

トレードしてもうまくいくことはない。

もしそれでうまくいくことがあっても再び同じような

状況に陥ったとき昔のことを思い出し感情トレードを

やってしまえば損失が膨らむことになるのは避けられない。

うまくいかない時に抵抗しても泥沼にはまり込むだけ。

そういった時は何もしないか、さっさと脱出するに限る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする