武田双雲ポジティブの教科書 で不幸にさよなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




今まで自己啓発本を読んできている人にもおすすめ。

まず筆者がポジティブなのもあってか、ポジティブになれる

事例が豊富。

本を読んで気にいる部分が見つからないということも

あるから一冊のなかに一文でも参考になることがあればいいなと

いう軽い気持ちで読んでる。

ネガティブで悩んでる人もいると思うんだけど、

まずネガティブもポジティブも自分で選ぶことが

できる。

なぜいつもマイナスに考える必要があるのか?

そういった思考の癖に気が付けば修正していける。

どう修正していくのか??

一部引用すると

魔法の言葉というものがあって、

それが面白い。

 やり方は簡単で、言葉の前に

『聖なる』をつける。

そうすると掃除なら

聖なる掃除。

睡眠なら

聖なる睡眠。

言葉を少し足すだけで印象ががらっと変わったのが

わかると思う。

こういったポジティブになれるやり方が

色々のっているんだけど、何か一つでも

自分にあったやり方が見つかれば

儲けもんだと思う。

英会話や習い事なんかでも習いに行って

自己投資をするわけだけど、読書もそう。

どういった自分になりたいのか?

それが決まればそういったジャンルの本を読めばいい。

わざわざ買わなくても図書館もあるし、お金を使わなくても

気軽に読書はできる。

知らないことを知っていくことはとても面白い。

知れば知るほどいかに自分が無知であるかと

いうことにも気が付くし、知識が増えれば

会話のレパートリーも増えて初対面の

人と会話するときに使える話も増える。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする