短期投資の難しさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




短期トレードで成功し続けるのは難しい。

短期間に成功することはあっても、

それが長く続くとは限らない。

短期間に成績が良くても相場が好調なだけなの

かもしれない。

相場は運よく儲けることがあるからそれを実力と勘違いしない

よう注意したい。

短期投資で成功するにはこれから上がる株を事前に仕込むか、

既にボラがある銘柄で勝負することになる。

一寸先は闇だし、事前に上がる株なんてわかるわけがない。

分析して上がりそうだと思ってもそれがいつになるか

わからないし、そのまま上がらないかもしれない。

行き過ぎもまた相場というように変動の激しい銘柄を

狙ったとしても変動についていけなくなる。

短期投資のつもりで買ったのに、値下がりしても

ロスカットできないことがあった。

そして戻ることを期待しナンピンのしすぎで

身動きがとれなくなる。

自分は過去にそういった失敗をやらかしてきた。

期待で目が曇った結果だからしかたないとはいえ、

含み損で身動きがとれなくなるのも痛かった。

短期トレードで失敗して身動きがとれなくなる

のなら最初から長期投資をすればいいと

始めたのがインデックス投資。

これなら積み立てを前提に投資しているし、

買値から下がったとしても安く買えるだけだから

更に買い増すだけ。

市場平均をとるやり方だから、個別銘柄の含み損をかかえて

買値まで戻ってくるように祈るやり方とは違う。

少しでも生活を豊かにしようと始めた投資なのに、

その投資のことばかり考え生活に支障をきたすのは

問題。

できるだけ余裕をもって相場に挑みたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする