ナンピンで致命傷

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




投資で大損するのは下手なナンピンを繰り返すことで

傷口を広げてしまうことが多い。

10万円で買った株が5万円に下がる。

そこで5万円に下がったところでナンピン買をすると

購入単価を7.5万円に下げることができる。

行き過ぎもまた相場というように

相場は上にも下にも行き過ぎることがある。

下落を続けている銘柄の原因はなんなのか?

ファンダが悪化しているからなのか?

それともヘッジファンドの換金売りなのか?

助かりたい一心でナンピンするのではなく、

その銘柄が今でも魅力的な投資先なのか

要因を詳しく検討する必要がある。

どんな方法にも一長一短があるように

ナンピンにも一長一短がある。

ナンピンをすれば勝率は上がるけど、

一回の損失が大きくなり、

典型的なコツコツドカンなんてことになる。

相場では銘柄に惚れこんでもうまくいかない。

恋は盲目ともいうし、人間は自分が見たいものを見る。

好きな銘柄の欠点を直視できず、下落を続けている

銘柄もいつかは上がるはずという勝手な思い込みで

持ち続け致命傷を負う。

一時的な下落なのか本格的な下落の始まりなのか

見極めができない時はナンピンは避けるのが無難。

下手にナンピンを繰り返すと、損失が拡大して

身動きがとれなくなる。

この銘柄が一番だと思っても、自分が知らないだけで

探せば他にも魅力的な銘柄が見つかる。

生き残るためには自信のないナンピンは避けましょう。

いくら自信があっても間違うこともあるんだから

ナンピンするにしても資金を限って、過大なポジションに

ならないよう注意しよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする