自分の考えに固執しない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




間違いを認めたくなくて、

ナンピン地獄に陥ったことがある。

逆行してるポジションに固執し含み損が拡大しているのに

助かりたい一心でナンピンしてた時期がある。

助かったポジションもあれば傷口が広がった

ポジションもあった。

固執して得た教訓

大事なのは自分がどう思うかではなく

マーケットがどう判断するか。

自分が上がると思ってもマーケットが

その銘柄に魅力を感じていなければ下がるし

その価格は既に色んな材料を織り込んでいる

価格かもしれない。

もちろん自分の予想とマーケットの動きが一致するまで

時間がかかることがある。

そこが相場の難しいところであり、面白いところでもある。

自分が手仕舞った後に上昇したらどうしよう。

こんなことを考えているとロスカットできなくなり、

損失が広がる。

自分はそうだった。

完璧を求めない。

トレードを続けていく限り大なり小なり損失は

避けられない。

損失は必要経費みたいなものだけど、

できるだけ負担は少ないほうがいい。

早くロスカットするに越したことないけど、

あまりに早すぎるロスカットだとあっという間に

駆られてしまう。

なので多少は幅を持たすことも必要。

昔はナンピンを繰り返して痛い目にあった。

それを繰り返さないように、

自分の考えを見直す水準を決めてトレードしている。

100で買った銘柄が85まで下げたら自分の

間違いを認めロスカットし、最初に決めたプランを

見直すようにしている。

そうすれば○○の価格になれば損失がいくらか

計算できる。

それによって取引枚数を決める。

完璧なトレードなんて誰にもできないんだから

損失は受け入れなければならない。

昔の自分みたいに逆行してるポジに固執し、

ナンピンを繰り返していれば傷口は広がるし、

資金は拘束されるわで、辛い時期を過ごすことになる。

つくづく投資は余裕資金でやるべきだと実感する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする