感情に左右される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




トレードに慣れない内はどうしても感情を抑えきれない。

少し値上がりすればおいていかれるんじゃないかと

不安になり、飛びつき買い。

飛びついたらそこが天井であれよという間に下落。

値上がりすれば前から仕込んでいる人たちの利確もあることを

考えたほうがいい。

なぜその銘柄を買うのか?

情報をいつ入手したのか?

この情報を知らないのは誰か?

自分が買おうとしているまさにその時が

前もって仕込んでいる人の利確のタイミングじゃないのか?

トレードの裏側にはいつも反対売買をしている人がいる。

当たり前だけど、自分が買えるということは売る人がいるということ。

売る人は何を考えているのか?

自分が知らないことを知っているんじゃないのか?

そういうこと意識するようになれば飛びつき買いをすることも

減ってくる。

トレードは感情に左右されないようにポジションを調整してる

ほうがいい。

過大なポジをとればそれだけ心理的な負担も大きく、

普段ならしないトレードををしてしまう。

いつでも感情に左右されない余裕のある取引を心掛けたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする