恐怖を感じるトレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




過大なポジションが原因であることがほとんどだ。

100%のポジションで10パーセントの値下がりを平気

見つめられる人は少ないだろう。

ポジションを調整

先のことは誰にもわからないのに過大なポジションを

とる必要はない。

10%や20%のポジションでそこから10~20%値下がりしても

資産で考えれば1~2%の下落で済む。

全力投資と比べれば少ない投資のほうが冷静に

相場を眺められるのは明らかだ。

冷静さと慎重さ

恐怖に基づくトレードはだいたい失敗する。

過大なポジションをとらずにたとえ10%や20%値下がり

しても冷静でいられる金額を投資すべきだ。

急上昇中の銘柄に投資すればすぐに10%の値下がりを

経験するなんてざらにある。

投資では分析をしっかりして慎重すぎるぐらいが丁度いいと思う。

投資しようと思った銘柄が買う前に上昇してしまうなんてことも

よくある。

儲けそこなってもそこで慌てることなく忘れることだ。

損したわけじゃないし、生き残ってさえいればチャンスはまたくる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする