あなたの投げたそこが底

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ほんとうにそうだった。

乱高下

してるかと思いきや最近は安定してきている。

もちろん利上げがどうなるかでまだ波乱はあるのかもしれないけど、

織り込んできているのかな?

まだ織り込んでない可能性はあるけど、

どちらにしろ、相場の流れについていくだけだ。

今のポジションなら再び暴落や乱高下があっても

耐えられるポジションになっている。

恐怖心

それに暴落前は相場をなめきっていて、過大なポジだった。

そのおかげで正常な判断を下さなければならないところを

恐れに基づき判断を下してしまった。

マーケットはそれをあざ笑うかのように反転。

取引を続けていればこんなこともある。

今までの経験上あんなときはポジションを全て閉じるのではなく、

一部を手仕舞うようにしていたおかげで助かった。

とはいえ今回の大損を取り戻すなんてまだまだ先のことだ。

これから

はこのやり方でやっていこう。

段階的にポジションを減らし、段階的に増やす。

そうすれば100%正しくもないし、100%の間違いも

犯さない。

食生活では腹八分で医者いらずなんて言葉もあるし、

相場には利食い千人力なんて言葉もある。

100%正しくあろうとするからポジションを手仕舞できなくなる。

100%正しい取引を行うなんて誰にもできない。

そんなことに労力を使うより、段階的にポジションを調整すれば

恐怖心は小さくなり冷静に相場を眺めることができる。

不安になるポジションは大きい証拠だ。

それが今回の暴落で得た教訓だ。

これからはしっかりとリスク管理をおこなっていこう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする