ポジションサイズと心理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




感情の起伏

自分の心理がトレードに及ぼす影響を甘く見ていないだろうか?

眠れないほどのポジを持つべきじゃないとは言うけど、

起きた時に今日の動きがどうなるか不安になったら要注意。

それはポジションサイズが多きすぎるかもしれない。

期待は裏切られる

少しの変動で動揺してしまうようなポジション持つべきじゃない。

往々にして期待は裏切られる。

リターンを期待してのポジションなんだろうけど、

それに伴うリスクが高過ぎやしないか?

経験上うまくいくトレードというのは仕込んでから

すぐに上昇することが多い。

思い込みの危険

失敗するトレードはこうなるはずだという思い込みから

ナンピンを繰り返し過剰なポジションになって投げてしまう。

もちろんあなたが投げたそこが底。という愚かなことをした

こともある。

だから最近はリスクとリターンをしっかりと分析してから

ポジションサイズを調整するようにしている。

不安を感じるポジションは危険信号だ。

不安を感じたポジションでも偶然にうまくいくこともある。

しかし、偶然に頼ったやり方じゃいずれ火傷をすることになる。

トレードに隠れているリスクを検討する慎重さが生き残りには必要。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする