気持ちの整理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




見通しが甘かった。

画像49

今までの上げ相場ですっかり油断してしまっていた。

結果論でしかないけど、ここまで損失が拡大する前に、

現実を受け止めるべきだった。

いくら自分が現実を否定しようとも結果は変わらない。

今回の損失は現実を受け止めることを避けて

都合のいい考えに固執してしまった結果だ。

自分の気持ちとマーケットは関係ない。

マーケットはトレードの機会を提供しているだけで

自分の感情を満たすためのものじゃない。

にもかかわらず、逆行してるポジションに固執し

傷口が広がりつついつかは、期待してる方向に動くだろうと神頼みのように祈ってしまった。

祈りが通じてうまくいくほど相場は甘くない。

ピンチはチャンス?

今までも暴落はあった。

そして暴落してしばらくすると

また何事もなかったかのように上がり始める。

しかしそれがいつになるかは誰にもわからない。

この暴落もしばらくすれば落ち着くから、

この暴落を耐え次のチャンスが来た時に相場をはれるように、

ポジションを減らし、現金比率を高め次のチャンスを待つ。

画像50

手法の改善。

世の中に完璧なものなんてない。

自分がやっているやり方の欠点が

今回の暴落で浮き彫りになった。

上げ相場には付き合わず、下げる時だけは連動する。

こういった銘柄を保有してるにもかかわらず、

都合のいい未来を期待し損切りしなかったのが

痛い。

大儲けを狙わない。

リスクをリターンは表裏一体なのに

儲けることばかり考えて相場を眺めていたのが

いけなかった。

儲けたいから相場をやるわけだけど、欲に目が眩んだから

ここまで傷口が広がった。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、欲張り過ぎたからこうなった。

これからも相場をやっていくけど、

これからは儲けるよりも、できるだけ損をしないようにやっていこう。

配当や優待狙いで大儲けを狙わず、気持ちに余裕が持てるような

やり方に変えていこうと思う。

相場の動きに気持ちも連動

こんな取引は自分には合わない。

儲かれば嬉しく、損すれば悔しい。

当たり前のように思うかもしれないけど、

こういったことは自分の資金量にあっていないから起こる。

薄利や、少ない損失なら気持ちの振れ幅も少ない。

これからはもっと気持ちに余裕をもてるやり方に

改善していこう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする