ストレスで能力低下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




ここ最近の動きはどうもすっきりしない。

暴落の影響がどこまで続くのかわからないから

投資家心理も冷え込み、積極的に上値を買っていく人が

少ないからそれもそうか。

相場が思ったように動かないからストレスがたまって

冷静な判断できなくなっている人もいると思う。

PCの前でトレードをしてるだけで

ほとんど体も動かさなかったら、考え方も固定された

まま維持になることがある。

そんなときにおすすめなのが、気分転換に外出すること。

家にいるだけだと相場が気になって気になってしかた

ないことがある。

そんな時はリラックスしに静かな喫茶店なんかでコーヒーでも飲んでゆっくり

してきてもいいし、好きな場所を散歩してきてもいい。

じっとしてるだけだと、いいアイディアも思いつかなかったりするけど、

外出して、リラックスしてきたり、ウォーキング等で軽く運動することで

いいアイディアがうかぶことがある。

相場であまりにもイライラする時はポジションを見直すことも大切だけど、

気分転換も必要だ。

ストレスがたまっている状態だと冷静な判断ができない。

したがって普段の状態を取り戻すためにストレス発散方はかかせない。

トレードしていてイライラする時は概ねポジションを取りすぎている

ことに原因がある。

ポジが多ければそれだけで少しの変動で資金の上下が激しくなる。

最近の不安定な状況ではポジを取りすぎは命取りになりかねない。

そんなに多くのポジを取らなくても相場はいつでもそこにある。

自信がなくなった時や、不安定な時はポジの見直しは大切。

うまくいかない銘柄に固執しても損失が膨らむだけ。

どうしてもその銘柄を余裕したいというのなら最低単位だけ

残してもいい。

そうすれば損失を減らせる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする