投資初心者でもできる簡単な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




投資には多額の資金が必要だと思ってる人が多い。

資金が多ければ多数の銘柄を保有できることは

確かだけど、100%有利というわけではない。

利益が膨らむ半面、損失も拡大する可能性があるからだ。

投資初心者が慣れない内から多額の資金で

相場に挑むのは無謀としかいいようがない。

慣れない内は相場に夢を見がちで自分が選んだ銘柄なんだから

上がるはずだ。と、根拠もなく思い込んで、そのままずるずると

下がり続け売るに売れなくなってしまう。

こうして売れなくなった株を塩漬け株という。

塩漬け株は一般的には嫌われるけど、

それはやり方が悪いからに他ならない。

これから紹介するやり方なら初心者におすすめの投資法だ。

それは株主優待で有名になった桐谷さんのような投資法を実践する

ことだ。

詳しくはこちら。

はじめての株主優待

株主優待とは株式をある期間に保有していると

企業がくれるおまけみたいなもの。

それはクオカード、図書カード、ギフト券、

お米券、自社製品だったりと色々な物がある。

ネット証券を使えば株主優待の検索もできるから

どの企業がどういう優待をくれるかすぐにわかる。

何の知識もないまま株を保有していれば株主優待や配当を

くれない企業の株をずっと持ち続け機会損失をしてしまう。

株主優待をくれる企業の株だったら

たとえ値下がりしても、株主優待がもらえる限り保有を

続けやすくなる。

何の根拠もなく保有し続ける株よりはるかにいい。

株主優待がない企業の株を持ち続けても値上がりを

期待することしかできない。

でも、初心者が選んだ株というのはえてして

その時の人気株を高値で買ってるものだから

再びその株が上がってくるまで何年もかかることがある。

優待がもらえる株だったら塩漬けで持ち続けても

優待が廃止されない限り優待がもらえるから

ロスカットできなくなって値上がりを待つしかない

企業の株を持ち続けるより気が楽だ。

簡単に説明すると、

優待狙いで投資するということ。

優待狙いで投資をやり始め、

株式市場というものがどういうものか

慣れてきた頃に資金を増やしていけばいい。

慣れない内から人気株に飛びつくようなやり方は

すぐにお金を失うことになる。

ためしに人気株を買わずに買おうと思った値段を

メモしてほしい。

そのメモをしばらくしてから見直してみると

下がっていることが多い。

もちろんメモをし続けていれば

上がっていた株だってでてくる。

しかし、株は買う時よりも売る時のほうが難しい。

値上がりしてる株をいつまでも値上がりすると

思い続け、また上がると思い込んで

結局は買値まで下がるまで持ち続けてしまったりする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする