破滅願望とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




マイナス思考と破滅願望は似ているようで少し違う。

マイナス思考は悪い方向に考える癖を持っているだけだから

意識すれば治しやすい。

何事にもいい面を見出すようにしていけば

気付いた時には明るくなっていたということもある。

厄介なのが、無意識の破滅願望。

自分でまったく気づいていないから恐ろしい。

わかりやすい例で言うと、男女問わずドヤ顔で

車を運転しているような輩を見てほしい。

ああいうのが無意識に破滅願望を持っているタイプだ。

体の動きや表情で、気持ちも変わることを

知っているだろうか?

ためしに下を向いて、背中を丸め、

呼吸を浅くして明るいことを考えてみてほしい。

とてもできないわけじゃないけど、

やりにくいことがわかると思う。

その反対に背筋を伸ばし、胸をはり

呼吸を深くして明るいことを考えれば

やりやすいのが実感できると思う。

なぜドヤ顔連中に破滅願望があるのかというと、

ドヤ顔で運転することで気が大きくなり、

細部に気がつかなくなり、事故を起こす。

自爆するだけならいいけど、ああいう奴は

人を巻き込んで事故るから、

ドヤ顔の奴には近づかないことだ。

わざわざ自分は

馬鹿です。と、宣言してくれているようなものだから

ありがたいといえばありがたい。

触らぬ神に祟りなし。

馬鹿には近づかないことだ。

何が起こるかわからない。

ドヤ顔で運転してるのを見ると

運転しか誇れるものがないのかと思ってしまう。

十中八九そうなんだろうけど、

ドヤ顔で運転できるその小さい価値観は

ある意味で賞賛に値するかもしれない。

運転してるだけで満足できるんだから

ある意味では幸せなのかも。

ただの移動手段である車に乗るだけでドヤ顔できるなんて

あまりの世界の小ささに驚きを隠せない。

自分にできることとできないことを把握して、

運転しか誇れるものがないことに

気付いているのなら凄い。

しかし、その誇れる運転も事故をおこせば

することができなくなる。

よって、やはり馬鹿だということになる。

わざわざドヤ顔で事故をおこしそうな運転ばかり

してるんだから。

ドヤ顔で運転してる奴は免許取り消しとか

免停になったらどうするんだろう?

ドヤ顔で歩く

のだろうか?

自分で自分の首を絞めてるんだから

どうしようもない。

任意保険に加入できないのに

車に乗ってるやつとかもうね・・・

自分に破滅願望があるかないかは

成功に対する考え方によってわかる。

もし自分に成し遂げたいことがあるのなら

それをできると思えるかどうかで判断できる。

人間は無意識に任せていると現状維持しようとする。

よって何かを達成しようと思っても、今までできて

なかったんだからこれでいいやとか思ってついつい

だらけてしまう。

だらけて目標が達成できるわけもなくそのまま現状維持ということになる。

これは成功に対する恐れとも言える。

今まで成功してなかった自分が成功してしまうとどうなるんだろう?

別にこのままでもいいんじゃないか?

今までだってそうしてきたんだし。

こういった心の声が聞こえてこないだろうか?

これは変化に対する抵抗だ。

人間は変化を嫌う。

今までの生活が変わってしまうのが怖い。

これからどうなっていくのか想像できないことに

恐怖を抱いてしまう。

未来は明るいかもしれない。

暗いかもしれない。

どちらになるかわからないのに暗いことばかり

考えてしまったりする。

ネガティブな考え方には非常に強力な破壊力があり、

やる気を根こそぎ奪ってしまう。

どうなるかわからないことに恐怖だけ抱くのではなく、

明るい面を考えるようにすればいい。

世の中には100%いいこともなければ

100%悪いこともない。

少し考え方を変えればいいことだって悪いことになるし、

悪いことだっていいことになる。

禍福は糾える縄のごとし。

何がどうなるか結局のところは

わからなかったりする。

それならば、何が起こっても前向きな意味を見出すようにすれば

明るく生きられる。

その時は最悪だと思ったことがあっても

長い人生何があるかわからない。

その経験がきっかけとなり人生が思わぬ

方向に動き出したりする。

災い転じて福となす。

落ち込みすぎる前に、今の自分に何ができるかを考えていくと

意外とできることがあったりする。

人生にはまさかの坂があり、

良かれと思ってやったことがウラ目

出ることもある。

そんな時ウラ目がでる理由がわかっていると

冷静でいられる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする