ボブという名のストリートキャット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




猫とホームレスの物語。

二人がお互いを見つけあったことで

ストーリーが展開されていく。

起承転結もうまく書かれており、

まさに事実は小説より奇なり。

この本は日本の話ではなく、ロンドンを話ではあるのだが、

ロンドンのホームレスがどうやって生活しているかといった

こともわかるし、そのホームレスの状態からどうやって立ち直って

いくのかまで記されている。

幸せとは何か?

傍から見ると幸せそうに見えても

本人からしてみるとそうじゃないことがある。

逆に、幸せそうに見えなくても

本人は幸せを感じていることだってある。

何が幸せなのかは本人が決めることで

他人が決めることじゃない。

こういう不思議な物語を知ることで

少しだけ自分の人生観も変わった気がする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする