感情トレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




投資で損したときに頭にくることは

ある。

上がると思ったところで入ったけど、

上がらない。

下がると思ったから投げるとそこから

上がったりする。

相場も続けているとこんなことはよくあることだから

いちいち腹を立てずに忘れたほうがいい。

いつまでも失敗したことばかり気にしていてもしかたがない。

失敗から学ぶ姿勢は大事だけど、そこから学んだのなら
今度はそれに囚われないようにするのが大事。

過去のトレードと次のトレードは同じような
間隔に陥りがちな時もあるけど、まったく新しいトレード
なんだから気持ちを切り替えて臨んだほうがうまくいく。

それと相場とは関係ない日常生活が原因で
イライラしている時というのがあると思う。

そうした時はトレードしないことだ。
冷静な時にも損をするのが株式投資だ。
冷静さをかいた状態でトレードして
勝てるほど気楽なもんじゃない。

それにイライラしている時というのは
自分で決めているルールを破りがち。
その結果、普段ならしない損失を被ることになる。

トレードは儲けるためにするのだから
自分の感情を満足させるためにトレードを
続けていれば退場することになりかねない。

感情を満足させようとすることは
損を取り戻そうと躍起になることに
繋がり、値動きの激しい銘柄に飛び乗った
あげく傷口を広げ自信喪失して退場。

こんなケースに陥ることになる。

休むも相場だからイライラしている時や
冷静さを欠いている状態の時には
休む勇気も必要。

休んで損しなければそれは儲けたことと
同じだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする