信者の危険性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




自分の頭で考えず信者になるのは

簡単だ。

それで損しても教祖の指示が悪く、自分は悪くないと

言い逃れすることができるから。

投資では自己責任が原則だからどれだけ

自分を正当化しようとも損失は自分が

被る。

人の意見なんて参考にする

ことはあっても鵜呑みにするのは危険極まりない。

教祖の推奨銘柄を買って損しても

教祖は損失補填(ほてん)なんてしてくれない。

上がった銘柄はここぞとばかりに宣伝してくるけど、

外れればフォローもなし。

そりゃあ多くの銘柄を推奨するんだから

どれかは上がる。

その上がった書き込みを初めてみて

鵜呑みにしてしまう人もいるのが

相場の世界。

普段の買い物では自分の目で値段とか

品質とかをチェックするけど、株式投資では

何のチェックもせずに信者の推奨銘柄を買う

人がいたりする。

普段の生活目線で投資を考えるのが大切。

銘柄を選ぶ時になぜその銘柄を買うのか

きちんとチェックする癖をつけたほうがいい。

その銘柄を買う根拠は何なのか?

財務がいいから?

配当がいいから?

毎年利益率もあがっている成長株だから?

ここに書いたのはどれも四季報を見ればわかる

ことだけど、これすらチェックせず

教祖の推奨銘柄を買ってしまう人がいることに驚く。

俺は銘柄を推奨なんてしないから教祖が何を考えてるのか

知らないけど、教祖なんて酔っ払いが馬券の予想をしてるのと

なんら変わらない。

ファンダがどうだ、

テクニカルではこうだ、

毎年この時期は-とか色んなこと言って

初心者を惑わすようなことを言うけど、

相場の世界で予想屋(教祖)を信じて

救われることなんてないからこのブログを

見てくれている人は誰かの信者になんて

ならないでほしい。

教祖の言ってることなんて疑ったほうがいい。

当たるも八卦

当たらぬも八卦。

予想屋のいうことなんて占いと

たいして変わらない。

そんなものを信じて自分の大事なお金を投資するべきじゃない。

投資は自分で納得してするもの。

誰かに言われてするものじゃない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする