鍵山秀三郎 掃除道から見えてくるもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




この本を読んで実践してみたところ

ずっと気になっていた水垢や黄ばみを

落とすことができた。

あの爽快感は掃除した人にしかわからないと思う。

長年気になっていた汚れを磨き落とせたように

心も磨けたように思う。

トイレは毎日使うものだけど

そのありがたみをわかってる人って

どれくらいいるんだろう?

汚れてるトイレより綺麗なトイレのほうが

いいのはもちろんだけど、

毎日使うトイレだから自然と汚れる。

綺麗な状態を保つには掃除がかかせない。

たかが掃除と言う人もいるかもしれない。

しかし、されど掃除で

綺麗に保たれてる部屋やトイレは快適。

掃除するようになって気付いたけど、

知らない誰かが掃除しているからきれいなトイレを

使うことができるし、

道端にゴミが散乱していないのも

片付けている人がいるから。

誰も見ていないようなところで

掃除している人がいるからこそ

使う人が快適に使えるようになって

いたんだということに気が付いた。

今までは掃除のことなんて何も考えてなかったけど、

習慣的にトイレ掃除をやるようになって

細かいところに気が付くようになった。

掃除には不思議な力があると思う。

その中のひとつが気付く人になること

だと思う。

掃除と金運の関係はよくわからないけど、

掃除をするようになって無駄遣いが減ったように思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする