株うまくいかない理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




株をやってると何をやっても

 

うまくいかない時というのがある、

基本的な知識がないことが

うまくいかない理由だ。

不運なとき

そんなときはだいたい買えば下がり売れば上がる。

こういった状態が長く続くいてしまうような

時はいっそのこと休むも相場で無理に

取引することはない。

うまくいかない時に投資をし続ければ

自信を失うだけでなく、

資金があっという間に無くなってしまう。

うまくいかない時にも休まず投資をし続けたいのなら

保有株数を半分に減らしたほうがいい。

そうすれば半分に減らして更に下がった時に

損失を減らせるし、半分に減らした値段から更に

値下がりした時に買えば買い付け単価を下げることができる。

もちろんこの逆のパターンもあって、

半分に減らしたところが底で反発する

ような時もある。

しかしそれは結果論というものだから、

どうにもならない。

生き残るには

大事なのは損失を減らし生き残ることである。

生き残ってさえいればチャンスはくる。


初心者は株式投資を始めて一年以内に退場する人が

多いようだから、まずは相場に慣れることが大事。

自信がない時や、初心者の頃は金額を少なくして

投資すること。

相場に慣れる前に退場なんてことにならないように

しないといけない。

行き過ぎもまた相場.

上がりすぎ下がりすぎというような

ことが株式投資では起こるから、

自分のポジションに拘りすぎるのは危険。

相場はあなたが投資する機会を提供しているだけで、

あなたの狙い通りになんて動いてくれない。

相場は相場に聞いて、自分の予想の

信じすぎず、間違ったポジションをとって

いることに気づいたら、手仕舞いするか、

保有株数を減らしたほうがいい。

完璧な取引なんて誰にもできない。

よって少額の損失は受け入れなければならない。

少額の損失は保険のようなものである。

何かあった時のために保険金をかけるけど、

保険金を支払った期間に

何もなければ無駄だと思うかもしれないが、

何かあってからでは遅いんだから、

万が一の時に備えるために保険は必要。

それに保険をかけているということは

安心を買えるわけだから、投資には

この安心というものが大切。

取引株数が多ければ少しの値動きで動揺してしまうものだから、

半分にすることで安心を買うのである。

安心して投資できなければいい成績はあげられないし、

動揺しながら投資していい成績をあげても

それを続けることはできない。

何事も余裕をもってやるほうがいい。

慌て乞食はもらいが少ないし、

冷静さを欠いた取引を続けても

生き残ることはできない。

相場は生き残ってさえいれば

チャンスはまたくる。

この記事に書いてあるように

株で退場する前に

まずは儲けることより生き残るほうが大切。

儲けるのはそれから。

どう頑張っても器量だけしか見えないんだから、

相場に慣れるまで慌てずのんびりと投資したほうがいい。

うまくいかないからといって損失を取り戻そうと焦って

投資すればするほど損失というものは膨らむ。

まずは自分が何をやっているのかを冷静に分析したほうがいい。

株価が暴落するのは上がっていたからこそ暴落する。

その暴落がいつまで続くかはわからないけど、

上がり続ける株もなければ下がり続ける株もない。(倒産株は除く)

昔も今もこれからも相場は上昇と下降を繰り返していくだけ

だから、いつ暴落があっても大丈夫なように常に一定の余力は

残しておきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする