煽り屋の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




上げ相場になると途端に元気になって書き込みが増える。

下げ相場になると書き込みが減るかなくなる。

これでプロを自称するからたちが悪い。

こうやって初心者を騙そうとする輩がいるから

いつまでたっても株式市場のイメージが良くならない。

株式投資は儲かるものです。

儲からないのはやり方が悪いから。

やり方さえ覚えてしまえば副業の一環として

仕事しながらでも十分できる。

煽り屋は本当にたちが悪い。

自分が煽った銘柄でその人に損をさせてしまうことを

考えたらそうそう煽りなんてできない。

何も考えずに煽っているか自分が売り抜けるために

煽っているとかそんなところだろう。

そんな煽りの書き込みもたまに当たることが

あるから初心者が騙される。

いつも外れれば犠牲者も減るんだか。

煽り好意やネットの情報を参考にするのは

別にいいと思うが、それを

鵜呑みにするのは危険。

煽りは推奨した株が下落しだしたら

黙って、しばらくして上がりだしたら

騒ぎ始めるのも特徴です。

すぐ上がるかのような書き込みをしておいて

半年とか一年も下落し続ける

銘柄を推奨するなんてざらです。

そしてずっと下落し続けた銘柄が少し上がったぐらいで

騒ぐから滑稽でしかない。

ネットにはこんな恥ずかしい書き込みを平気でする

連中が多いから注意して見ないと痛い目にあう。

自分の書き込みが相場に影響を与えるなんて

自称してる輩もいるから笑えます。

とても個人の書き込みぐらいで

相場に影響があるなんて思えません。

勘違いもいいとこ。

こんな連中の書き込みを妄信してはいけません。

ある時はその銘柄が上がるといい。

その銘柄が下がり始めると下がると言う。

後だしで言うならだれでもできます。

プロを自称するなら一貫した

ことをいってほしいもんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする