器量だけしか見えない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク




相場は自分の器量だけしか見えません。

初心者には初心者の上級者には上級者の

道が見えます。

初心者の頃にパニックに陥ったような出来事も

上達した時には同じ出来事でもそれがチャンスに見えたりします。

見解の相違です。

多くの人の考えは間違っている。

相場でも何でも成功する人は一握りの人しかいませんが、

多くの人の考えは間違っています。

大抵はその時に常識とされているような

考えだったり、なんとなくだったしで

わからなくなると自分に都合のいい意見だけ

取り入れて過ちを犯します。
自分の意見なんて相場には関係ありません。

相場には相場の流れがあるだけです。

相場にはらをたてても仕方ありません。

はらがたつようなポジションをたてるから

いけないのです。

損してもいい金額を投資するべきです。

余裕のない投資は失敗します。

あなたが投げたそこが底

こんなことになります。

相場は自分の器量だけしか見えないですから、

自分の腕が上がるまで中長期的な目線で

余裕のある投資をするのが生き残る秘訣です。

謙虚さ

相場で自分の正しさを証明したいのはよくわかる。

昔の自分もそうだった。

何かが起こりそうなことがわかっても、それが(いつ)起こるのかは誰にも

わからない。

もしかしたら起こらないかもしれない。

相場は自分の思惑とは違った動きもするものだから

自分の判断が間違っているのを認める勇気が必要。

自分の考えに固執し、逆行してるポジションを

ロスカットできず助かりたい一心でナンピンを

繰り返すと致命傷を負うことになる。

ナンピンを繰り返し助かろうとするのではなく、

予め自分の間違いを認める価格を決めて

戦略を考えなおしたほうがいい。

逆行が続いているということは買うタイミングも

悪かったということだし、経験上うまくいくトレードは

すんなりうまくいくことが多い。

うまくいかないトレードに固執するよりも

間違いを認める値段を決めるようにしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする